『聖処女縛り』について(河野真理江)