「ピンク映画なら誰が撮っても同じ」は危険