『(秘) 湯の街 夜のひとで』について(井川耕一郎)