『好色花でんしゃ』について(常本琢招)