渡辺護公式サイト

Mamoru Watababe Official Web Site

渡辺護監督が亡くなりました/その監督人生をふりかえる


2013
1224日、渡辺護監督が82才で亡くなりました。

10月に新作を撮る話が来て、周囲の人々に「面白い映画を撮ってみせるよ!」と宣言していたのですが、11月2日に外出先で倒れ、病院に運ばれました。

検査の結果、大腸がんであることが判明。

その後の詳しい経緯はこちらをどうぞ。

→ http://d.hatena.ne.jp/inazuma2006/20131229/p1

 

渡辺護は1931年3月19日東京生まれ。

早稲田大学文学部演劇科に入学後、八田元夫演出研究所に入り、演出と演技について学びました。

その後、TVドラマの俳優、シナリオライター、TV映画・教育映画の助監督などを経て、1964年に南部泰三『殺された女』の助監督としてピンク映画の世界に入ります。

1965年、大映出身の監督・西條文喜のために企画していた『あばずれ』(脚本は吉田義昭)で監督デビュー。

 

渡辺護が何本の映画を監督したのかは正確には分かっていません(現在、確認できる監督作品は210本程度。実際にはそれ以上撮っていると思われます)。

フィルムが残っているものはほんのわずかで、時代的なかたよりなく百本以上の渡辺護作品を見ているひとはほとんどいないと言っていいでしょう。

そこで、私たちが代表作と考える作品タイトルを記すのはひかえて、渡辺護自身が自分の監督人生と作品をどのように見ていたのかを以下に記すことにします。

(渡辺護のフィルモグラフィーはこちら。

→ http://watanabemamoru.com/?page_id=7 )

 

1965年~1973年>

 

1965年に少女の復讐を描いた『あばずれ』で監督デビューした渡辺護にとって、新人監督時代はピンク映画の青春期でもありました。

映画が撮れるというだけで幸せだった時期、若松孝二(62年にデビュー)や向井寛(65年にデビュー)らと競う合うようにして映画を撮っていた時期、メジャーの映画に対抗するように映像の冒険をしていた時期だった、と語っています。

 

1967年に渡辺護は『情夫と情婦』(『深夜の告白』の翻案)で監督としての腕を認められて東京興映に入ります。

東京興映の社長は、ヒット作『日本拷問刑罰史』(64年)を撮った小森白。「お前のほかに、誰か戦力となる監督はいないか」と言う小森白に、渡辺護は同じ65年にデビューした山本晋也を推薦し、東京興映でなければできない映画として、小森・山本・渡辺の三人で監督する『悪道魔十年』(67年・修行僧が暴行魔となって放浪する話)を企画します。

 

しかし、1968年、小森白との間にちょっとした誤解が生じ、渡辺護は東京興映を離れます(70年頃、山本晋也が間に入って、関係は修復されます)。

「教育映画にでも戻ろうか」と思っていたらしいのですが、結局、ピンク映画を捨てることはできなかった。

ほとんど仕事をすることなく(68年の監督本数は四本と極端に少ない)、映画館で他の監督たちが撮ったピンク映画を見続けていたそうです。

 

実は以前から渡辺護の中には、「デビュー作『あばずれ』を超えられない」という悩みがありました。

撮影の竹野治夫など、戦前からのベテランに助けられて、『あばずれ』はそれなりのものにはなったけれども、今後、渡辺護でなければ撮れない映画を撮るにはどうしたらいいのか……?

その悩みに対する答が見つかったのが、68年でした。

山本晋也や小森白の映画を見ているうちに、「主観カット/客観カット」という独自の映画理論が生まれ、「おれは面白い映画が撮れる!」という自信を得たと言います。

(「主観カット/客観カット」理論についてはこちらをどうぞ

→ http://d.hatena.ne.jp/inazuma2006/20081116

http://d.hatena.ne.jp/inazuma2006/20081120 )

 

女ヤクザものの『男ごろし 極悪弁天』(69年)、木下恵介『女』の翻案の『明日なき暴行』(70年)あたりから自信を持って映画を撮りだした渡辺護は、1970年に、以前からその才能に注目していた大和屋竺の脚本で二本の映画を撮ります。

『おんな地獄唄 尺八弁天』(『極悪弁天』の続篇)と、『(秘)湯の街 夜のひとで』(さすらうエロ事師たちの話)――この二本は渡辺護自身も代表作と認めているものです(特に愛着があるのは、『尺八弁天』。大和屋が書いた弁天の加代に惚れたとのこと)。

 

1971年、渡辺護は東京興映で大久保清事件を題材に『日本セックス縦断 東日本篇』を撮ります(この作品は大ヒットしたとのこと)。

大久保清が逮捕されたのが5月で、撮影は6月。当初、大久保清が犯罪者になるまでを描く予定だったのですが、クランクイン直後にプロデューサーの小森白からかかってきた電話は、「八件の暴行殺人事件を全部撮れ」というもの。

結果的に太田康(下田空と小栗康平)によるシナリオの直しと同時進行で、撮影が進められました。しかし、完成後に渡辺護は「いい勉強になった」「映画はどうやってもつながる」と感じたそうです。

 

1974年~1982年>

 

1973年くらいまでの渡辺護作品の脚本家は石森史郎、阿部桂一、吉田義昭らでしたが、その後は次第に若手(荒井晴彦、高橋伴明、小水一男)が脚本を書くようになります。

1974年に撮った『制服の娼婦』(売春する女子高生と若い男の同棲生活を描いたもの)、『痴漢と女高生』(女子高生を拉致監禁する中年男の話)の脚本は荒井晴彦。

渡辺護はこの二作について、荒井晴彦の作家性がよく出ている作品で、自分の代表作でもあると語っています。

 

1973年に小森白はピンク映画に見切りをつけ、監督を引退します。けれども、新東宝は小森が『日本拷問刑罰史』によって始めた拷問ものをその後も求めていました。

70年代半ば、若松孝二、山本晋也に続いて、渡辺護にも新東宝から拷問ものの注文が来ます。

しかし、渡辺護は、拷問ものとはちがうもの、縄をベッドシーンの小道具として使うものを撮ることを模索します。このときに脚本家として協力したのが高橋伴明でした。

高橋伴明脚本で、『谷ナオミ 縛る!』(77年)、『少女を縛る!』(78年)、『少女縄化粧』(79年)、『聖処女縛り』(79年)を撮っていく過程で、渡辺護は拷問ものとはちがう自分なりの表現(「緊縛もの」と呼ばれるようになる)をつかんでいった、と語っています。

(ちなみに、この頃には、よく組むキャメラマンが池田清二から鈴木史郎にかわっています)

 

1979年頃から、高橋伴明と交代するように協力者となっていったのが小水一男でした。

渡辺護は小水一男のオリジナリティーに支えられて、『激撮!日本の緊縛』(80年)などの緊縛ものを撮り続けていきます。

この時期は日野繭子・岡尚美が出演する緊縛ものの時期であると同時に、『制服処女の痛み』(81年)で美保純を、『セーラー服色情飼育』(82年)で可愛かずみをデビューさせた時期でもありました(二作とも脚本は小水一男)。

渡辺護は、魅力的な新人女優に出会うと、作品としてのまとまりや完成度などどうでもよくなって、その子の持つ輝きをひたすら記録することに喜びを感じるような監督でした。

美保純、可愛かずみは、『紅壺』(65年)の真山ひとみ、『禁断性愛の詩』(75年)の東てる美の系譜に連なる女優であると言えるでしょう。

 

1983年以後>

 

70年代に入ってから、渡辺護は月にほぼ1本(あるいはそれ以上)という驚異的なペースで映画を撮り続けてきましたが、初の一般映画『連続殺人鬼 冷血』(渡辺自身は『日本セックス縦断 東日本篇』の二番煎じみたいな作品と厳しい自己評価をしています)を撮った1984年あたりから、本数が急速に減っていきます。

渡辺護は当時をふりかえってこう語っています。「代々木忠の『ザ・オナニー』とかがあたるようになって、ベッドシーンがあればそれでいいみたいな風潮が出てきた」「「面白いものつくってやる!」ってのがなくて撮ってるってのはね……、つらいですよね」「滝田(洋二郎)や片岡(修二)の方がおれよりうまいわと感じたことがある」

80年代後半、渡辺護は自分の時代は終わったと感じたのか、ピンク映画界を去ります。

 

その後の監督人生を渡辺護はどう見ていたのか?

沖島勲の脚本で撮った『紅蓮華』(93年)を渡辺護の代表作の一つにあげるひとは、現在かなりいます。

けれども、渡辺本人は「決していい出来だとは言えない。失敗しているところがいくつもある」と最後まで言い続けていました(役所広司の演技は別にしての話ですが)。

 

<ピンク映画監督・渡辺護>

 

数年前、渡辺護は「渡辺さんほどの腕なら、一般映画でも十分通用したはずなのに、なぜピンク映画を撮り続けてきたんですか?」と訊かれて、その場できちんと返答できなかったそうです。

あとになって、渡辺護は考えを整理して、こんなことを私(井川)に話しました。

「メジャーだと、おれの上に誰かいて、こう撮れ、ああ撮れと指図してくる。それがイヤなんだ。おれはおれの選んだホン、おれの信頼するスタッフ・役者で、おれの好きなように撮りたい。早く言やあ、お山の大将になりたいってことかな。そういう自由があったのがピンク映画なんだ」

 

渡辺護が最後に撮ろうとしていたのは、ピンク映画でした。

そのことを思うと、なぜこのタイミングで亡くなってしまったのか……と本当に残念でなりません。

 

 

<追記>

渡辺護さんの奥さん(典子さん)はここ二ヶ月の看病で心身ともに疲れています。

よって、渡辺護に関する問い合わせは、以下のメールアドレスで対応したいと思います。よろしくお願いします。

渡辺護自伝的ドキュメンタリープロジェクト 井川

wmd1931※gmail.com (※を@に変えて下さい)

 

 

(井川耕一郎)

『渡辺護自伝的ドキュメンタリー・第3部~第6部(自作解説篇)』について(井川耕一郎)

(以下の文章は、201310月8日の試写のときに配布したものです)

 

「渡辺護自伝的ドキュメンタリー(全10部)」の第3部~第6部は自作解説篇になる。

自作解説篇は渡辺護監督作品とのセット上映を前提としている(たとえば、『おんな地獄唄 尺八弁天』(70)+『渡辺護が語る自作解説 弁天の加代を撮る』といったように)。

また、上映作品だけでなく、関連する作品についての話も入れるようにした。渡辺護さんの200本以上ある作品群の中にどんな流れが見出せるのかを示したかったからである(関連作品のフィルムが発見され、上映できればいいのだけれども……)。

 

第3部『渡辺護が語る自作解説 弁天の加代を撮る』(30分)

第三部で話題となるのは、弁天の加代を主人公にしたシリーズの第一作『男ごろし 極悪弁天』(69)と、第二作『おんな地獄唄 尺八弁天』(70)。

ちなみに、弁天の加代ものには、第三作『濡れ弁天御開帳』がある(ただし、主演は香取環ではなく、林美樹)。また、女ヤクザものというふうに見方を広げれば、『観音開き 悪道女』(70)も関連があることになる。

 

第4部『渡辺護が語る自作解説 エロ事師を撮る』(30分)

『(秘)湯の街 夜のひとで』(70)について、渡辺護さんはすでに第二部『つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史』である程度詳しく語っている。そこで、第四部ではエロ事師たちを描いた他の映画――『男女和合術』(72)、『性姦未公開図』(74)との関連に注目することにした。

『男女和合術』、『性姦未公開図』は、『(秘)湯の街 夜のひとで』の変奏とも言える映画だが、性を客に見せる芸人たちを描いた作品の流れを考えれば、『シロクロ夫婦』(69)、『多淫な痴女』(73)、『おかきぞめ 新・花電車』(75)、『好色花でんしゃ』(81)などが視野に入ってくるだろう(『好色花でんしゃ』については自作解説篇をつくる予定)。

 

第5部『渡辺護が語る自作解説 緊縛ものを撮る(一) 拷問ものから緊縛ものへ』(35分)

「緊縛ものを撮る」は三部からなる。緊縛ものを例に、ジャンルがどのようにして生まれるのかを探ってみた。

第5部で主に語られる作品は、『谷ナオミ 縛る!』(77)と『少女を縛る!』(78)。

渡辺護の緊縛ものと言うと、『谷ナオミ 縛る!』、『少女縄化粧』(79)が有名だが、内容的に見て、『少女を縛る!』はきわめて重要な作品だと思う。緊縛ものという枠をはずしても、渡辺護の代表作の一本であると言えるのではないだろうか。

 

第6部『渡辺護が語る自作解説 緊縛ものを撮る(二) 処女作への回帰』(30分)

第6部で話題となるのは、日野繭子主演の『少女縄化粧』(79)。前半は2010年に映画美学校で行ったインタビュー、後半は2012年に銀座シネパトスで『少女縄化粧』上映後に行われたトークショーである。

ドキュメンタリーを撮っていく中で分かったことだが、この作品は渡辺護の監督デビュー作『あばずれ』(65)の緊縛時代劇版リメイクだった(『あばずれ』については、第一部『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』の後半で詳しく論じている)。

『あばずれ』のリメイクはもう一本ある――夏麗子主演の『変態SEX 私とろける』(81)。『あばずれ』のフィルムが発見され、三本立てで上映できれば面白いと思うのだが……。

 

自作解説篇で私たちが目指したものは、渡辺護の作家的特徴の早分かりではなかった。

映画監督・渡辺護の作家性は対話の中から生まれた――脚本家との、キャメラマンとの、役者との、観客との、今まで見てきた映画との、過去の自作との……対話から生まれ、磨かれていったのだ。

私たちはそんな対話の重要性を伝えることを目的にして自作解説篇をつくってみた。

対話の積み重ねこそ、歴史の真中を流れるものだ。

私たちの試みが少しでも、これからピンク映画史や日本映画史に取り組もうとする人たちの役に立てばいいのだが……。

 

 

「渡辺護自伝的ドキュメンタリー(全10部)」第3部~第6部(自作解説篇)

出演・語り:渡辺護

製作:渡辺護、北岡稔美、撮影:松本岳大、井川耕一郎、録音:光地拓郎、編集:北岡稔美、構成補:矢部真弓、高橋淳、構成:井川耕一郎

協力:渡辺典子、新東宝映画株式会社、銀座シネパトス

太田耕耘キ(ぴんくりんく編集部)、林田義行(PG)、福原彰

 

『つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史』について(井川耕 一郎)

(以下の文章は、2012年12月22日の上映のときに配布したものです)

渡辺護自伝的ドキュメンタリープロジェクトの第二部をピンク映画史にすることは、早い うちから決めていたことだった。 渡辺さんならピンク映画史が語れるだろう。そう思ったのは、『映画芸術』1970年11月号 に載ったエッセイ「何が難しいことだって ピンク監督の弁」を読んだときだ。 ピンク映画の現場を面白おかしく紹介することをねらったそのエッセイは、短いものでは あったけれども、ベッドシーンの撮り方や女優のタイプの移り変わりを具体的な例をあげ ながら書いていた。それはピンク映画史を記述する試みでもあったのだ。

第二部にとりかかる前に考えた方針は、『史記』の列伝のように行こうということだった。つまり、人を語ることがそのまま歴史を語ることになるというスタイルである。

まずは「若松孝二と向井寛」、「小森白と山本晋也」というふうにお題を立ててインタビューをすることから始め、その後は自作解説の流れの中で、スタッフやキャストがどんな人だったかを聞くようにした。

渡辺さんの話は脱線脱線また脱線といった調子で、多くのひと、多くのエピソードが次々と出てきた。それらをすべて第二部にとりこむことはとうていできない。こぼれ落ちた重要な話は第三部以後の自作解説篇でとりあげることになるだろう。

それにしても第二部制作中、ずっと気になっていたことがあった。それはエッセイ「何が 難しいことだって ピンク監督の弁」から感じ取れる渡辺さんの目だ。 1970年の時点で、渡辺護はピンク映画の代表的監督の一人となっていたはずだ。監督とし て脂がのってきた頃である。なのに、遠い昔をふりかえるかのようにピンク映画の現場を 見つめているこの目は、一体何なのか? 一気にしゃべりまくるような調子のいい文体で書かれているけれども、このエッセイの裏 側には、ひやりと冷たい何かが流れている。

そして、その冷たさは、『(秘)湯の街 夜のひとで』のラストシーンに映る川の冷たさ を思い出させるのだが……。
10月の終わり頃、用があって渡辺さんの家を訪ねた。 予想していたとおり、渡辺さんは元気がなかった。 「向井が死んで……野上(正義)が死んで……なんで若松まで……、若ちゃんとは会って 話をしたいと思っていたんだ……」
それだけ言うと、渡辺さんは黙ってしまった。

しかし、第三部をつくるうえで確認しておきたいことがあったので尋ねてみると、渡辺さんは次第にいつもの調子を取り戻してきた。
息つぎなしでしゃべり続ける渡辺さんを見て私は思った。
いつまでもしょんぼりしていてはいけないのだ。そんなことを亡くなったひとは望んでいない。生き残った者には語り伝える義務がある。
渡辺さんの語りの中で、ピンク映画の活気がよみがえる。撮って、飲んで、ケンカをしてをくりかえすつわものどもの群像喜劇、お楽しみ下さい。

 

『つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史』(2012年・138分)
出演・語り:渡辺護
製作:渡辺護、北岡稔美
撮影:松本岳大、井川耕一郎
録音;光地拓郎
編集:北岡稔美
構成補:矢部真弓、高橋淳
構成:井川耕一郎
協力:渡辺典子、新東宝映画株式会社、銀座シネパトス、
太田耕耘キ(ぴんくりんく編集部)、林田義行(PG)、福原彰、
荒木太郎、金子サトシ、宮田啓治、鈴木英生、高橋大祐、映画美学校

『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』について(井川耕一郎)

(以下の文章は、2月3日の試写のときに配布した前説です)

2009年の秋、私の脚本で渡辺さんが撮るはずだった映画が製作延期になり、急にやることがなくなってしまった。
「渡辺さん、ぼーっとしていても時間のムダですから、何かしませんか?」
「するって、何を?」
「渡辺さんがいて、カメラがあれば、映画はできるでしょう。渡辺さんがカメラの前で自分のことを語ればいいんですよ」
というわけで、始まったのがこのプロジェクトである。

撮影は2009年12月にスタート。2010年3月までは週末のたびに渡辺さんの家で、4月以後は月一回のペースで映画美学校で行われた(研究科の授業の記録ということである)。12月に撮影は終了したが、あと一、二回の撮影が必要なようである。

プロジェクトの全体像は以下のとおり。
第1部:『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』(2時間)
第2部:「渡辺護が語るピンク映画史」(2時間)
第3部~第10部:「渡辺護による自作解説」(30分×8本)
(第3部以後は、作品をいくつかの系列に分け、渡辺護が自作解説を行うという構成になる予定)

今日、上映するものはプロジェクトの第一部で、渡辺さんが監督デビュー作『あばずれ』を撮るまでのことを語っている(ちなみに、第1回ズームアップ映画祭で作品賞をとった『少女縄化粧』が『あばずれ』の時代劇版リメイクであることはあまり知られていないのではないか)。
と言っても、これは単なる序論ではない。なにしろ、二百本以上の映画を撮った男が自分の人生を語るのだ。その語り口が、映画と似てくるのは当然のことだろう。
たとえば、渡辺さんが語る1945年8月6日には、事実と異なる部分がある。しかし、遠くで起きたことが直感的に分かってしまうというのは、『おんな地獄唄 尺八弁天』でも、『谷ナオミ 縛る』でも見られたことだ。
つまり、第一部は、渡辺護が自分の人生を題材にしてつくった新作というふうに見ることもできるだろう。

渡辺護の演出については、たとえば、次のように書かれてきた。
「カツキチからカツドウヤへ転進する途上で演劇青年として叩き込まれたスタニスラフスキーシステムに始まる一連の古典的な素養は、ここでもまた自在に活用され切っていると言っていい」
(『日本映画テレビ監督全集』1988年版・キネマ旬報社)
「早稲大学演劇科から八田元夫演出研究所に参加。TV時代劇の出演などもこなしたことからか、今にいたるも、踊って(自ら演技の模範を示して)演出するというのも、マキノ雅広などのカツドウ屋を彷彿とさせる」
(別冊PG vol5『PINK FILM CHRONICLE 1962-2002 幻惑と官能の美学』2002年)
だが、文字でこのように書かれても、どういう演出なのかはつかみにくいのではないだろうか(「カツドウヤ」、「スタニスラフスキー・システム」、「踊って」、「マキノ雅裕」のどのようにつながるのかが見えてこない)。第一部『糸の切れた凧』が、渡辺護の演出をより具体的に探る試みの第一歩になっていればいいのだが……。 

            
『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』
(2011年・122分)
 出演・語り:渡辺護
 製作:渡辺護、北岡稔美
 撮影:松本岳大、井川耕一郎
 録音;光地拓郎
 編集:北岡稔美
 構成補:矢部真弓、高橋淳
 構成:井川耕一郎
 協力:渡辺典子、太田耕耘キ(ぴんくりんく編集部)、
     淡島小鞠、荒木太郎、広瀬寛巳、向井淳子、映画美学校

糸の切れた凧サイト

渡辺護監督人生のドキュメンタリー映画 第一部 「糸の切れた凧」/Mamoru Watanabe’s Life Documentary Vol.1 “Crazy Kite”
渡辺護監督が、生まれ育った町・王子、空襲、戦後の新劇、ピンク映画の初期、そして、監督デビュー作『あばずれ』について語る。

糸の切れた凧サイト